すしログ

すしをにぎるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタテ

ホタテ寿司

ネタ:産地不明
薬味:山葵
コメント:年末年始は地元に帰っていた。
自宅でお節料理の定番になっているのが、ホタテの刺身。
毎年取り寄せで買っているらしいのだが、最上級品ということで
舌がとろける程美味いのだ。
正月、酒の勢いで、そのホタテを握りずしにして振舞ってしまった。
家族は苦笑していたような気もするが、よく覚えていない。
味もあまり覚えていない。
酔っ払っていたので。
自己採点:★★★☆☆
素材写真なし

山芋

山芋軍艦

ネタ:伊豆産 自然薯
薬味:山葵
コメント:先日、南伊豆へ山芋堀りに行ってきた。
山で採れる、山芋、いわゆる自然薯は、畑で採れる長芋とは違い
粘りが物凄く強い。
すりおろしてトロロにすると、箸で持ち上げても、
流れずに持ち上がってくるのだ。
そして、その味の濃厚さに、初めて食べたのだが、感動した。
飯にかけたり、そのまま酒のつまみにして楽しんでいたのだが、
以前コメントで、山芋の軍艦のリクエストがあったのを
思い出し、やってみるコトにした。
すり鉢ですりおろし、出汁で少し伸ばし、
軍艦巻きに流し込み、軽く山葵を添えて完成。
美味いのだが、飯が少なくて物足りないかもしれない。
これだけの量の山芋があれば、茶碗2杯分の飯が食べられるじゃないか。
それを一口で食べてしまうなんて、なんてもったいない食べ方だ。
自己採点:★★★★★
今日の素材

イナダのヅケ

イナダヅケ寿司

ネタ:逗子沖産
薬味:山葵・生姜
コメント:先日のイナダが大量にあるので、ヅケにしてみた。
刺身に切り、生姜醤油に漬けて1時間程度置く。
握る際は、キッチンペーパーで軽く醤油を拭いてから、
山葵をつけて握った。
そもそも醤油味がついているから、食べる時に
醤油皿につける必要がない。
このまま手づかみで、口に放り込めば良い。
味に関しては…最高、としか言いようが無い。
ただの寿司より、ヅケ寿司のほうが遥かに素晴らしい。
自己採点:★★★★★
今日の素材

イナダ

イナダ寿司

ネタ:逗子沖産
薬味:山葵
コメント:釣りに行ってきた。
狙いはメジマグロとホンガツオだったのだが、最近は
あまり調子が良くなさそうなので、
イナダとアジ・サバあたりの青物狙いに切り替えてチャレンジ。
いやー。イナダが釣れ過ぎて困った。
一人暮らしなんだから、こんなに釣れても困るんだよ。しかも型が良い。
4匹目あたりで、「もう釣れないでくれ!」と叫んでしまった。
イナダは出世魚で、いわゆるブリの若い頃の姿である。
一般にはハマチと呼ばれることもあるが、すし界では、
ハマチといえば養殖ブリのことを指す。従って、これは天然イナダと呼ぶのが正しい。
味は文句なし。旬のブリといえば、脂の乗り切った寒ブリが定番だが、
すしにするには、むしろ秋のイナダやワラサが一番良いのではないか。
しかし今日一日、イナダ尽くしだったので、少々うんざりである。
自己採点:★★★★☆
今日の素材

おあげ

あぶらあげ寿司

ネタ:産地不明
薬味:生姜
コメント:風情のある一品。
薬味の生姜と、醤油の味がおあげに合う。
魚介のすしを食べる際、合間、合間にこのすしを食べれば、
サッパリして良いのではないか。
食べる際の注意点としては、手が油っぽくなるため箸を使うコト。
今回、おあげはスーパーで買ってきたままのものを
切って握ったが、
生姜醤油で味付けをして、軽く炒めたものを使えば、
もっとコクのある味になったかもしれない。
自己採点:★★★☆☆
素材写真なし

ツブガイ

ツブガイ寿司

ネタ:北海道産
薬味:山葵
コメント:貝のままのツブガイは初めて見たが、意外と大きいのだ。
大きな巻貝で、2個で380円と、思ったより高価。
やだな、巻貝を剥くの。
苦手なのだ。
サザエとかバイガイとか、口のところから爪楊枝を刺して、
グリグリ剥くわけだが、いつも失敗して、身がグズグズになるんだよな。
このツブガイはでかいので、爪楊枝ではなくキリを使って挑戦。
あああああ、案の定失敗した、グズグズだ。もう嫌だ。
というわけで、2つ目はハナから剥くコトを諦め、
殻をペンチでバキバキ割って、ようやく綺麗な身を取り出すコトに成功した。
綺麗に取れた方は、薄切りで、握りに。
グズグズになった方は握りにできないので、軍艦に。
食べてみると、すばらしい甘味。これは美味い。さすが2個で380円だ。
そして、軍艦のほうが、むしろ食べやすかった。
自己採点:★★★★★
今日の素材

カゴガキダイ

カゴガキダイ寿司

ネタ:千葉産
薬味:山葵
コメント:カゴガキダイなんて、釣りの話に名前が挙がるくらいで、
売っているのを見たのは、初めてである。
あのスーパー、店員が釣ってきた魚を並べてるんじゃないのか。
と、疑ってしまうくらい、店頭では珍しい魚。
名前は知っていても、見るのは初めてで、どうしたらいいかわからないが、
とりあえずタイと名がついているし、昆布〆でいいだろう。
タイなんだから。
身に軽く塩をして、10分ほど置き、
酢で戻した昆布の間に包んで、30分程度〆る。
お味の方は…うわぁ、しょっぺえ。
塩加減を間違えたようだ。
自己採点:★☆☆☆☆
今日の素材

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。